自治体様向け相談フォーム
終了 企業・自治体向け

「稼げる地域活性」で持続可能な事業を創出する手順とは?[Night Session]

~補助金・ふるさと納税(企業・個人)を活用して地域課題を解決、再構築して事業化する方法。地域活性の現場から事例と共に具体的な流れを学ぶ~

※申し込みフォームはページ下部にございます
※IEをご利用の方はこちらのフォームからお申し込みください

SDGsやESG経営など、社会との持続可能な共生が求められる企業活動の現場と、人口減少の中で地方経済や社会コミュニティの維持に向けた課題を抱える自治体を結ぶ「企業版ふるさと納税」などの活用事例など、産学官の連携を通じた体制構築と課題解決に向けた取り組みを紹介します。

開催概要

イベント名 「稼げる地域活性」で持続可能な事業を創出する手順とは?[Night Session]
開催日時 2021年10月20日 ( 水 ) 19:00 - 21:00
プログラム詳細
19:00-21:00(質疑応答セッションあり) 一部: 慶應義塾大学メディアデザイン研究科  地域みらいプロジェクト 研究員 大江 貴志 持続可能な「稼げる」を支援するスキーム構築について 二部: 慶應義塾大学メディアデザイン研究科  地域みらいプロジェクト 研究員 小口 潤 地域課題解決の手段としてのふるさと納税活用 三部: 株式会社補助金ポータル 代表取締役 福井彰次 「資金・リソースの確保と産学官連携」 ふるさと納税と補助金活用による持続可能な プロジェクト運営ノウハウについて ※Q&Aセッションは最後にまとめて行う予定です。
参加費 無料
定員数 定員100名
主催者 株式会社補助金ポータル
開催場所 Webセミナー
備考

登壇者

株式会社補助金ポータル
福井 彰次

株式会社補助金ポータル 代表

月間約400万PV・月間お問い合わせ数約8,000件、国内最大級の補助金・助成金のプラットフォーム「補助金ポータル」を運営。 分かりづらい補助金・助成金の概要や、申請方法など国と企業を繋ぐというミッションのもと事業を展開しており事業開始から約1年で会員数も9,000名を超えている。

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科
大江 貴志

オークツ株式会社 代表
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 研究員

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)にて販売促進や顧客戦略を担当後、ソニーのIT部門に入社し、製版物流の戦略を担当。独立後は大手企業の新規事業開発やネット戦略を行う。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科創設時に社会人として入学し、初代首席で修了。現在は同大学院の研究員として次世代産業の研究を行いつつ、地域活性に特化した事業をスピンオフさせてオークツ株式会社を創業。全国で産学官金プロジェクトを企画・実施中。

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科
小口 潤

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 研究員

長野県富士見町出身。慶應義塾大学薬学部を卒業後、総合広告代理店に入社。消費財メーカーのブランドプロモーションや、証券会社のデジタルマーケティング支援に従事。2019年に広告代理店グループ内新規事業として株式会社ROOTsを創業、取締役COO就任。その後、体験型ふるさと納税の自社サービス普及拡大と共に、全国の自治体事業における政策立案や実施支援を領域問わず実施。現在は地域と企業を結び新しい取り組みを加速させるべく活動中。

セミナー申し込み

資料ダウンロード

企業版ふるさと納税や過去の取組の詳細については、こちらの資料にてご確認いただけます。

ダウンロードする

自治体募集フォーム

自治体様からのプロジェクト掲載や連携についてのお問合せはこちらからご連絡ください。

自治体フォームへ

お問い合わせ

ふるさとファンディングに関するお問合せについてはこちらからご連絡ください。

お問い合わせフォームへ